【不妊鍼灸そあら鍼灸院[ご出産報告・患者様の声ブログ】


43歳の時の死産後最初の受精卵を最後と思い移植したところ出産に至りました。


45歳 Y・K様

 

 

患者様の声

まさか、子供が生まれるとは思いませんでした。

KLCに通っていましたが、自分の中では、諦めていました。

41歳から通院し始めて、42歳の終わる頃に妊娠しましたが、

20週で死産したのちに43歳の半ばから再度KLCに通い始める時に、

そあら鍼灸院にも並行して通院するようになりました。

鍼灸院に通うようになってからは、胚盤胞の質が良くなったのか、

初期流産を含め、妊娠反応はまず出るようになったため、

受精卵移植にお休みを置くようになり、気がついたら45歳になっていました。

しかし、43歳の時の死産後最初の受精卵を最後と思い移植したところ、出産に至りました。

まさか、まさかです。

松本先生、楠本さん、今までありがとうございました。毎日が育児でてんやわんやです。

そあら鍼灸院よりコメント

Y・Kさん、ご出産おめでとうございます。

この瞬間を心待ちにしておりました!

妊娠期間中もずっと気にかかっておりましたのでとても嬉しいです。

治療期間中はうまくいきそうだったのにそうでなかったりと、悔しい思いもしましたが、本当に良かったです。

毎週しっかりと通院していただけたので私も最大限お手伝いをさせていただくことができました。

ありがとうございます。

育児でドタバタだと思いますが、お体には気を付けて楽しんでお過ごしください。

松本



松本 敏樹


私は妊娠脈づくりの専門家という仕事をしています。
「妊娠しやすい身体づくり」を刺さない鍼で実現します。
妊娠しやすい身体づくりにとって一番大切なことは、妊娠している時と同じ脈であることなのです。
一人で抱えている悩みを安心して打ち明けることができ、病院での治療における疑問点が解決できます。

Facebookページ

Twitter

アーカイブ

ブログ内検索

メタ情報

ブログ内検索

カテゴリー


このページのTOPへ