【不妊鍼灸そあら鍼灸院[ご出産報告・患者様の声ブログ】


治療は痛い鍼ではなく初めは拍子抜けしましたが、脈や血液検査の結果から治療方針を決めていてとても信頼が持てました。


42歳 H.K様

ご出産報告

そあら鍼灸院のみなさま、ご報告が遅くなりました。
4月8日に無事3180gの女の子を出産しました。
妊娠中は妊娠糖尿病に引っかかり、食事に気を付けながら過ごしました。(幸いインスリンの投与はせずに済みました)
出産は、予定日超過で促進剤を使用するも子宮口が開ききらず、且つ赤ちゃんが中で便をしてしまったようで高位破水時の羊水が濁っていて緊急帝王切開となりました。
我が子との初対面は手術室で・・・となってしまいましたが、小さな手で私の指を握ってくれた時に、本当にあきらめなくてよかったと心から思いました。

 

 

「待ってたよ!」と声をかけるのが精いっぱいでした。
こんな感じでドタバタな出産でしたが、母子ともに健康でとにかくホッとしました。
そあらに通っていた時は本当にお世話になりました。
採卵、受精、分割、胚盤胞までは毎回たどり着くもののなかなか着床せず、何度も心が折れそうになりました。

その度に先生方には相談に乗ってもらい、時には泣いてしまったこともありましたがそっと寄り添っていただいてとても嬉しかったです。

 

なかなか治療のことを話せる人がいない中、ここではアドバイスなどもいただけて毎回身も心も軽くなって帰ったことを思い出します。
治療は痛い鍼ではなく初めは拍子抜けしましたが、脈や血液検査の結果から治療方針を決めていてとても信頼が持てました。

 

治療中に何気なく聞いた質問にも丁寧にわかりやすく説明していただけて、納得して通うことが出来ました。
家で行うお灸も気持ちよく、特にへそ灸はじんわりと温まる感じがして欠かさず行っていました。

 

こういう積み重ねが大事なんでしょうね。
そあら鍼灸院に出会えてとても良かったと思っています。
これからも患者さんに寄り添ったアットホームな鍼灸院であり続けてくださいね。

アンケート

Q:そあら鍼灸院に行こうかなあと思うようになったのは、いつ頃、 どのようなきっかけからですか?

新宿の病院に転院した後、できることは何でもやってみようと思い、近くの鍼灸院を探したことがきっかけです。

 

Q:そあら鍼灸院の印象はいかがでしたか?(ホームページ・院内・先生スタッフ等)

予約時の電話対応からとても丁寧で好印象でした。先生方もみなさん親切で院内もとても清潔で気持ちがよかったです。

 

Q:当院を知ってすぐにご来院されましたか? もしご来院されなかったとしたら、どんなことが不安でしたか?

HPを見てから比較的すぐに予約を入れて来院しました。

 

Q:実際に通ってみていかがでしたか?

そあらに通う前にも別の鍼灸院に通ったことがあったのですが、そことはアプローチが全然違って、脈を診たり血液検査の結果などによって治療方針を決めていてとても客観的治療を進めていると感じました。
鍼も全然痛くなく毎回リラックスできました。

 

Q:そあら鍼灸院をひとことで表すと、どんな鍼灸院ですか?

ホッとする場所でした。
治療に関しては常に張り詰めている感じだったので、一息つける場所があってとても助かりました。

 

☆同じように悩んでいる方へアドバイスやメッセージがあればお願いします。

結果が出ないときはとても苦しいですが、「人は人、自分は自分!」と言い聞かせて割り切っていました。(これが一番難しいのですが・・・)
後悔することがないようやってみようかな?と思ったことは実践してみることをお勧めしたいです。

 

 

担当よりコメント

H・Kさん。ご出産おめでとうございます!!ご出産前はさぞ大変でしたね。

指を握り返してくれた時は最高に幸せな瞬間ですよね!

鍼灸治療は、身体づくりもとても大事ですが、気持ちを吐き出してゆくことも大変重要だと思いますよ。

そして鍼はしている感じが全くないと思います。東洋医学は「気」の医学といわれます。

身体の表面を流れている「気」に対して鍼をしているため物理的な刺激がないからです。

(皮膚の1~2cm上に手をかざすと、モワッとした感じが分かると思います。モワッは「気」と捉えられるので、皮膚表面へのアプローチで鍼ができます。)拍子抜けする鍼は分かりやすくてイメージしやすいかもしれません(笑)。

着床する良い子宮環境になったのも、H・Kさんがしっかりとご自宅でお灸やセルフケアをされたたまものですね。子育て楽しんでくださいね。

松本



松本 敏樹


私は妊娠脈づくりの専門家という仕事をしています。
「妊娠しやすい身体づくり」を刺さない鍼で実現します。
妊娠しやすい身体づくりにとって一番大切なことは、妊娠している時と同じ脈であることなのです。
一人で抱えている悩みを安心して打ち明けることができ、病院での治療における疑問点が解決できます。

Facebookページ

Twitter

アーカイブ

ブログ内検索

メタ情報

ブログ内検索

カテゴリー


このページのTOPへ