不妊治療(不妊鍼灸、はりきゅう)新宿区のそあら鍼灸院

03-6908-6744
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

よくあるご質問

通院に関してのご相談

クリニックへ通院しながらの方が多いですか?
多くの方がクリニックでの不妊治療と併用してご来院されています。

クリニックに行くのはまだ抵抗があるという方、ご結婚前に身体づくりの準備をしたいという方もいらっしゃいます。

タイミング法、人工授精、体外受精、全ての段階の治療に合わせて鍼灸を行います。

西洋医学・東洋医学それぞれの医学のよい点がありますので相乗効果を期待できます。

卵子は元々ご自身の卵巣内にある卵胞から排卵されます。
東洋医学のアプローチとしては、ご自身のお身体自体の機能を高めることです。
その大元の卵巣環境や子宮環境を、冷えを解消したり生理痛の軽減、気持ちの面やストレス等を改善することで「妊娠しやすい身体づくり」を行うことがそあら鍼灸院の考えです。
治療のペースはどうしたらいいですか?
東洋医学的には「妊娠しやすい身体」になると結果が出やすくなります。
「妊娠しやすい身体」とは具体的には「妊娠しやすい脈・お腹」です。

おおむね週1回ペースだと、「妊娠しやすい身体」になりやすいです。

身体のベースアップが、根本的な妊娠のしやすさにつながるからです。

「ジグザグ上昇理論」図の、オレンジ色のラインの①目標基準に達すると、妊娠しやすいお身体になります。


お身体はお一人お一人違いますが、治療状況や通える環境もお一人お一人違います。

そのため理想のペースをお伝えすることだけでは身体づくりがうまく進められないこともあります。
その辺りも考慮して、現実的に行える最適なペースを一緒に考えていきます。


採卵前や、移植前など重要な時期に取り組むべきご提案もしています。(不妊鍼灸:効果の出やすい重要な鍼灸推奨日・大事な日参照)

採卵前はどれくらい通ったらいいでしょうか?

採卵前は特に重要な時期となります。

生理前くらいから採卵までは週1~2回がおすすめです。



患者様にはお身体の状態を踏まえて詳しくお話をしております。


卵胞は約半年ほどかけて成長します。

卵巣には栄養やホルモン酸素等が運ばれます。


そのため良い卵巣環境(目標基準に到達した状態)で半年の間、卵胞を育てられると理想的です。

採卵の前日と2日前だと、鍼をするのはどちらが良いですか?

可能であれば、採卵の前日より2日前の方が良いです。

前日だと鍼後の良い効果が1日分しか取れないからです。
2日前であれば採卵日までの2日分、良い効果の期間が取れます。

いずれにしても採卵後よりは、採卵よりも前に治療できることが重要です。


移植の準備はどのようなペースが良いでしょうか?

東洋医学的なお身体の状態としては、①の目標基準近くまで達していることがポイントになります。

お身体の状態次第ですので、目標基準に到達していれば週1回でも大丈夫です。

達していない場合は週2回をお勧めすることもあります。


ベースUPを行い、妊娠しやすい脈・お腹(目標基準)まで上げて、着床鍼灸(不妊鍼灸3の柱)を行うのが基本的な流れとなります。


初期胚(分割胚)を移植する予定ですが、いつ鍼を受けたらよいですか?

着床する頃の鍼灸をおすすめしております。

二日目胚(4分割)の場合、3-4日後

三日目胚(8分割)の場合、2-3日後


結果が出やすくするためには、移植までに着床しやすい身体づくりをしておく(目標基準に到達)と、結果が出やすいです。

胚盤胞を移植する予定ですが、いつ鍼を受けたらよいですか?

胚盤胞移植の場合は、移植日当日の鍼灸をおすすめしております。

もし可能なら、移植前の鍼灸がよりおすすめです。


なぜかというと、

鍼灸をすると血流がよく巡り体が温まり自律神経が整って、緊張が緩んだリラックスした状態になります。

患者さんから移植前に「外や冷房の寒さ、移植前の緊張で身体が冷えたり緊張した状態で移植した」ことを伺い、移植の前に温かい状態、血流のいい状態、緊張が緩んだ状態で臨めるといいなと思ったためです。


また緊張しやすい方からは、「色々話もできて気分が紛れました」と、心理的にもリラックスして臨める効果も期待できるので、胚盤胞移植当日は移植前に受けられるとよりおすすめです。

胚盤胞移植当日に鍼灸を受けられない場合はいつ受けるのが良いでしょうか?

前日をおすすめしております。

前日が難しい場合は2日前、もしくは翌日となります(分割胚移植の着床の頃の治療日に準じています)。



より結果が出やすくするために、移植までに妊娠しやすい脈やお腹づくりをしておく(目標基準に到達)と、結果が出やすいです。

陽性判定をいただきました。その後鍼灸治療はどうしたらいいですか?

陽性判定おめでとうございます。

妊娠初期はそのまま継続治療をお勧めしております。

妊娠初期の鍼灸の効果として、
・ストレスを緩和して血流の循環を良くして、子宮への血流の循環をよい状態を保つ。
・流産の予防に対しての治療。
・つわりや妊娠初期の諸症状に対しての治療
などがあるためです。

12週を目安に仮卒業となります。

それ以降はご出産に向けての身体づくりを推奨しており、ペースは3-4週間に1回になります。
妊娠後の鍼灸はいつまで通えますか?
ご出産のための身体づくりを行っておりますので、ご出産前(具体的には妊娠36週頃)まで準備ができるとよいです。

陽性判定後は、妊娠12週を最低限フォローしたい時期としています。
そこで仮卒業となり、その後はご出産のための身体づくりとなります。
通常はそれ以降は3~4週に一回のペースとなります。

安産灸や逆子鍼灸など週数に応じて対応しています。

鍼灸治療について

感染症などの危険はありますか?
ガイドラインに則った標準的な施術を行えば、感染の可能性は極めて低いとされています。

そあら鍼灸院では刺さない鍼治療を行っています。
物理的に「刺さることのない鍼」を使用しております。
鍼を皮膚内に刺入せずに行うので体内へ入ることがありませんので、よりご安心頂けるかと思います。

※刺入する場合はディスポーザブルの使い捨て鍼を使用。
鍼はどこにしますか?
身体の状態とクリニックでの治療周期を考え、足や手をはじめ全身に行います。

身体の状態を具体的にお話しします。
妊娠しやすい身体づくりの根本を上げるためには、
・血流の良さ
・ホルモンバランスが整っている
・自律神経のバランスが良い
・免疫力
という基本的な健康的なレベルを高めることが大事です。

そうすると季節や体調、そして体質を考慮し、その日の状態に合わせツボを選んでいくことがポイントです。

私たちは生きているため、体調は一定ではありません。
また夏と冬では身体も変わります。
そして一人ひとり生まれ持った体質も違います。

このように身体は常に変化しています。
その変化に合わせて、オーダーメイドでツボを考えてゆくことで妊娠しやすい身体づくり(脈・お腹づくり)の根本を上げることができます。
月経中の鍼灸治療は大丈夫ですか?
月経中でもはり灸は問題ありません。
月経痛がある場合には、はりを行うことで軽減を望めます(子宮内膜症や腺筋症、子宮筋腫の程度によっては思うような効果が得られないこともあります)。
はりの後にお風呂に入っても大丈夫ですか?
はい、差し支えありません。

ただ、はりの後は疲れるような事(運動、飲酒など)をすると、
身体に負担がかかりますので早めにお休みください。

治療を長く休むと身体が戻りますか?

戻っていきますが、一度到達したレベルまでは比較的早く取り戻せることも多いです。
一度覚えたことは、忘れても再学習で思い出すのが早いことに似ています。

そあら鍼灸院について

鍼が初めてで不安です。
「鍼は痛くないかな?」
「どんなところだろう?」
「先生はどんな人かな?」
初めての場所は敷居が高く感じてしまいますよね。

妊活を行う中で感じる未来への不安やストレス、情報集め、身体づくりなど大変なことが多いかと思います。
そあら鍼灸院との関わり合いや鍼灸治療の時間は、前向きになったり心地よい時間になれるよう心掛けています。

ご不安や聞いてみたいことがあれば、些細なことでも大丈夫ですのでメールやLINEも受け付けておりますので聞いてみてくださいね。

院内のや先生の様子について患者様のお声もご参考になればと思います。
しんきゅうコンパスでの予約は初診専用ですか?
ほぼ初診の方専用となっております。
ご不便をおかけいたします。

2回目以降のご予約も可能ですが、初診の方が入れる枠の表示となっております(初回は流れのご説明やカウンセリングなどを行うため二枠分お時間をいただくため)。

そのため2回目以降のご予約も取ることは可能ですが、非常にお選びできる枠が限られてしまいます。
2回目以降の場合は、治療後のお会計時もしくはLINEだとお取りしやすくなっております。