不妊治療(不妊鍼灸、はりきゅう)新宿区のそあら鍼灸院

03-6908-6744
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

そあら鍼灸院について

そあら鍼灸院の特長

不妊治療の世界に入り13年。
不妊治療専門院として開業して10年目になりました。
私は不妊鍼灸にとても大きな魅力を感じています。経験を重ねれば重ねるほど強く感じています。

こんなに大きな喜びを分かち合える。これ以上の魅力はありません。

ご出産報告は私たちの宝物です。

出産報告・患者様の声

このことが私たちのとても大切にしていることです。

【不妊鍼灸】【不妊カウンセリング】【自宅妊活(セルフケア)】それぞれノウハウが詰まったものですが、それ以外のそあら鍼灸院だならではの特長は、
・妊娠しやすい脈づくり
・刺さない鍼治療
で不妊鍼灸を実践できることです。

ではこれらの何がメリットなのでしょうか。

妊娠しやすい脈づくり

一番の特長を一言でいうと、「妊娠しやすい脈づくり」です。
東洋医学の長い歴史を紐解くと、「脈」についての記載が非常に多くあります。
妊娠に関係することも脈は切っても切り離せない関係があります。
東洋医学の側面から「妊娠しやすい身体づくり」を最大限発揮するためには、「妊娠しやすい脈をつくる」ことであるといえます。

刺さない鍼治療

皮膚に刺し入れない鍼を使用します。
そのため完全に無痛です。
なぜ刺さずに効果があるかというと…

東洋医学の思想は「気」が最も重要な概念となっています。
気を調整する医学が東洋医学であり、鍼は気を調整するための道具とされています。

刺さない鍼も存在しており、実際に小児鍼(赤ちゃんへの鍼)は一般的に刺さずに治療します。

そのため痛くなく鍼ができるため、緊張することなくリラックスして受けることができます。

データで見るそあら鍼灸院(治療実績)

胚移植のデータ

新宿にあるクリニックでの移植に対する妊娠率を出しました(分割胚移植・胚盤胞移植ともに含む)。
※対象2019年初診の患者様(2019.1.1~2019.12.31)
※判定が判明した45例の内訳
※妊娠は胎嚢確認できた場合とする

移植日(着床日)当日のみの鍼灸治療の効果は?

以前は移植日(着床日)当日が初診の患者様の受付もしていました。
現在はおすすめしていない理由は、当日だけ鍼灸を行うより、前もって準備しておく方が妊娠率が良いためです。

2019年は胚盤胞移植当日の初診の方5例を受付しました。(35歳、36歳、40歳、43歳、45歳、)妊娠された方は1名でした。

43歳と45歳の患者様はその後も継続して鍼灸治療を受けられました。継続された2名とも妊娠されました。

総括

初めての鍼灸が移植日(着床日)の場合は、効果が限定的といえます。
移植日までに「妊娠しやすい身体」をつくることが重要ですが、その準備ができていない状態での移植になるためです。

「身体づくり」を準備してから移植されたほうが、妊娠率が高いと経験的に感じていたので数値化してみました。
絶対数が少ないので数字は上下しますが、経験則通りなのでやはり「妊娠しやすい身体づくり」を行えると妊娠率は高まると感じます。

移植に対する想い

大切な胚をできる限りの準備をしてお迎えしてほしいと思います。 
それで大きく人生が変わることがあるかもしれない。
不妊鍼灸の頁に「目標基準」のお身体があります。 
 「目標基準」に達した状態が「妊娠しやすい身体」です。

効果を出すポイント
一番効果を最大限発揮できるのが、採卵までに、「妊娠しやすい身体」の「目標基準」に到達すること。
現在凍結胚があってこれから移植の方は、移植までに「目標基準」に到達すること。
これが効果を出すポイントです。

大切な採卵・移植のための身体づくりを一緒におこないましょう!! 
具体的な方法は、そあらメソッド【不妊鍼灸×不妊カウンセリング×自宅妊活(セルフケア)】でお手伝いします。

以上が10年以上妊娠しやすい脈づくりを通して「妊娠しやすい身体づくり」を研究してきた所感です。

そあら鍼灸院を選んだ理由

問診票に何が決め手だったかを記載する欄があります。
1996件の内上位7つを掲載します(重複回答含む)。