不妊治療(不妊鍼灸、はりきゅう)新宿区のそあら鍼灸院

03-6908-6744
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

患者様の声

2021/01/30

脈診による治療(妊娠脈づくりの鍼灸)

年齢37歳

妊娠判明(胎嚢確認)までの来院回数59

施術を重ねるごとに脈の変化も感じたりして、その変化を楽しく感じました!

A・K様 37歳

ご出産報告

なかなか成果が得られず(以前の鍼灸院で2年ほど通院)、

職場の同僚の方に紹介して頂き、重い腰を一歩踏み出したのが、

大きな大きな一歩だったと思っています!



おしゃべりな私の話を聞いてくださりありがとうございました!



落ち込んでいる時は見守って下さりありがとうございました!


いつも福田先生とのおしゃべり楽しみにしていました。

院長先生も分かりやすく説明してくださり、面白い話もまじめな話もリラックスできました!



本当は出産ギリギリまで通いたかったのですが、

コロナが流行し、妊婦にどんな影響があるかわからず、

結局安定期に入ってからは行けず、とても残念でした。



そんな時でも、LINEでどこにお灸をしたらいいかなど相談にのって下さり、本当に心強かったです。


出産後も出血が多かったために貧血の数値が悪く、むくみもひどかった際に相談させて頂いた際も親身にありがとうございました。



皆さんがいたから安心して必要以上に身体のことに不安にならずにいられました。

コロナがもう少し落ち着いたらまた是非息子を連れて皆さんに会いに行こうと思います!



アンケート

Q:そあら鍼灸院に行こうかなあと思うようになったのは、いつ頃、 どのようなきっかけからですか?

以前別の鍼灸院に通っていたのですが、不妊専門ではなく、別の院に変えようかと悩んでいたところ、

職場の方から紹介してもらい(その方も妊娠・出産されたので)思い切って行ってみることにしました!



Q:そあら鍼灸院の印象はいかがでしたか?(ホームページ・院内・先生スタッフ等)

みなさんとても丁寧で親身で本当に気持ちが安らぐ場所だと思いました!

福田先生も、院長先生も私の話をいつも真剣に聞いて下さり、

身体のことも現状や変化を分かりやすく説明してくださいました!




Q:刺さない鍼と、脈をみての治療する不妊治療の鍼灸院は珍しいと思います。 
どのような点に価値を感じ、続けて通院していただけましたか?

元々、私の中で東洋医学の価値に重きを感じていて、鍼灸は通っていたので、体にどんな変化がでるか興味があったからです。

施術を重ねるごとに脈の変化も感じたりして、その変化を楽しく感じました!



Q:そあら鍼灸院をひとことで表すと、どんな鍼灸院ですか?

アットホーム!



Q:これまでの不妊治療で、今だから言える辛かったことはどんなことですか?

焦っていないつもりでも、二人でも楽しく暮らせるだろうとわかっていたつもりでも、

周りに妊娠報告を受けると`嬉しい!‘半面、心が沈んでいたことです。



☆同じように悩んでいる方へアドバイスやメッセージがあればお願いします。

どの答えも正解なんだと思います。

悩んで周りをうらやんでしまうことも、悲しくなることも、そんな自分の気持ちをきちんと認めてあげることが大切だと今更ながら気づきました。





そあら鍼灸院からのコメント

A.Kさん、ご出産おめでとうございます。


ちょうど安定期頃からコロナが流行り始めましたね。

その後も安産灸のことやむくみなど気になることはすぐにご連絡くださりありがとうございました。


A.Kさんは常に自分でできることは何かないかを聞いてくださり、

しっかりとご自身のお身体に意識を向けられていたなと感じていました。


特に印象に残っているのは、移植前に内膜を厚くするための筋トレをLINEで写真をお送りした時のことです。


お送りしておいてですが、見本姿勢を写真に撮ったときの福田先生の必死の形相が忘れられません(笑)。


それだけハードなのですが、A.Kさんが筋トレやお灸などセルフケアをしっかりと行っていただけた努力が実を結んだのでしょうね。


お子様のかわいい写真も見せていただきありがとうございます。

収束したらお会いできることを楽しみにしています。

松本




不妊鍼灸の解説

初診時の様子

ストレスもあり現在は通院を止めているが、今後は再開することも検討している。それまでに「できる身体づくりはしっかり行いたい!」ということでした。

お話をする中で、前もってできることはしたいという気持ちが、とても伝わってきました。


できる準備をして臨みたいですよね。


移植前には内膜を厚くするために筋トレ等、とても前向きに取り組んでいただけました。



診察

初診の時は「緩脈」という緩んだ脈で、疲れや飲食の問題、胃腸に問題があるときに出る脈でした。

元々出やすい胃腸の症状に加え、お腹の張りや頭痛、むくみ、肩こりなど、状況によっては様々な症状が出ました。


(状態によって表れる脈も変わり、治療するツボも変えます。そうすることで(※)良い脈、妊娠しやすい脈が出てきて、妊娠しやすい身体に変わっていきます。)



ワンポイント

A.Kさんは体調の変化にもしっかり意識を向けておられました。


体質的に胃腸の問題が出やすいこともあり、

「今日はお腹が張っている感じです」

という訴えがしばしばありました。


そういう時は鍼の後、「お腹が動いてきた」とよくおっしゃられていました。


良い変化がどのように起きたかを意識することはとても重要なのです。

良い点に意識を向けるということは、それだけ良い方向付けが自分の中に生まれるためです。


そのため一回の採卵で上手くいき、妊娠ご出産されました。



まとめ

定期的に通院をされ、ご自宅でのお灸。

そして内膜が厚くなりにくい時は厚くする筋トレ。

妊娠中はLINEで「こんな症状が出ています。できることはありますか?」と

様々なシーンでお身体によく目を向けておられました。


それがとても良い方向に向かうエネルギーだったなと感じます。

おめでとうございました。



※妊娠しやすい脈づくりの治療とは?

妊娠中の脈は体の中が温かくとても生命力に満ちた状態です。

そのような内側が温かく流れの良い状態に近づけてゆくことが目的の治療です。

身体の状態が脈に反映するので、冷えや熱など妊娠を妨げている原因や状態が脈に表れます。

それを判別し治療を行うことで、ジグザクしながらだんだんと妊娠しやすい脈・身体に段々と変わってゆきます。

(不妊鍼灸2の柱:ジグザグの法則参照



■■【妊娠しやすい身体づくりの方式と不妊鍼灸3本柱】◆◆
数万例超の臨床実績から導き出した方式
〔①不妊鍼灸×②不妊カウンセリング×③自宅妊活(セルフケア)〕

不妊鍼灸3本柱
ⅠべースUP(妊娠しやすい脈・お腹づくり)
Ⅱジグザグの法則3ステップ(「加速期」「改善期」「定着期」)
Ⅲ鍼灸推奨日(着床鍼灸etc)


東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・ ♪・・♪*・ *・♪*♪* ・*・ * ・*・ ・ ♪・♪■■

一覧へ戻る

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

  • 2021/11/23

    移植・着床鍼灸

    年齢31

    妊娠判明(胎嚢確認)までの来院回数11

    その周期の移植で妊娠・出産。10回目の移植でやっと妊娠できました。

  • 2021/10/19

    不妊鍼灸効果

    年齢34

    妊娠判明(胎嚢確認)までの来院回数14

    初めて治療を受けた帰り道、足先がすごくポカポカしたのを覚えています。

  • 2021/09/27

    刺さない鍼・痛くない鍼

    年齢32

    妊娠判明(胎嚢確認)までの来院回数64

    足のむくみがひどかったのですが、足首ができました!主人も驚いていました。