不妊治療(不妊鍼灸、はりきゅう)新宿区のそあら鍼灸院

03-6908-6744
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

患者様の声

2020/07/15

刺さない鍼・痛くない鍼

年齢35歳

妊娠判明(胎嚢確認)までの来院回数

刺されるのが怖く注射も苦手だったので「刺さない」点がとても魅力的だった。


ご出産報告


ありがとうございました!!

無事に出産できたのは先生スタッフの皆さまのおかげです!


“刺さない鍼”は最初から半信半疑でしたが、本当に痛くないし、刺されないのでマッサージを受けているような心地良さでした。


治療が終わると身体がポカポカして気持ちよかったです。


通い続けられた1番の理由は先生・スタッフの方がとても優しく居心地が良かったことです。

不妊治療をしていると家族や友達にはなかなか話しづらいこともあって相談とかもできませんでした。

でもそあらに通うようになって話しづらいことも先生・スタッフのみなさんには話すことが出来たので、とても良かったです。


いろんな愚痴やつまらない話等なんでも笑顔で聞いてくれてありがとうございました。

ご出産報告の画像


アンケート

Q:そあら鍼灸院に行こうかなあと思うようになったのは、いつ頃、 どのようなきっかけからですか?

・妊活を始めて1年くらい

・長有里子さんの授かるごはん講座をうけて、その時紹介して頂いたのがキッカケです。


Q:そあら鍼灸院の印象はいかがでしたか?(ホームページ・院内・先生スタッフ等)

アットホームな感じでとても居心地が良く、掃除も行き届いていて院内はとてもきれいです。

先生スタッフの方もとても感じが良く通いやすい。


Q:刺さない鍼と、脈をみての治療する不妊治療の鍼灸院は珍しいと思います。 

どのような点に価値を感じ、続けて通院していただけましたか?

刺されるのが怖く、注射も苦手だったので「刺さない」点がとても魅力的で通い続けることができました。


Q:そあら鍼灸院をひとことで表すと、どんな鍼灸院ですか?

やすらぎの場所


Q:これまでの不妊治療で、今だから言える辛かったことはどんなことですか?

・いつ妊娠するか分からない終わりの見えない不安

・自分のお腹に自分で注射すること


☆同じように悩んでいる方へアドバイスやメッセージがあればお願いします。

不妊治療が長引くと不安な気持ちが大きくなり、ちょっとしたことでもストレスを感じてしまうと思います。

そんな時は誰かに話を聞いてもらったり、自分の好きなことをしてストレスを発散して下さい。

そあら鍼灸院は話をしやすい先生ばかりなのでオススメです。

アンケートの画像


そあら鍼灸院からのコメント

Gさんご出産おめでとうございます!!

初診で来院した際は、不妊治療の事をなかなかまわりに相談できず、一人で悩んでいる印象を受けました。


しかしGさんは「授かるごはん」の長さんからの紹介で当院に来院され、自分で出来ることはしっかりケアされていました。

最後にはその頑張りにご主人も影響を受け、一緒になってジムにも通われていましたね。


Gさんの直向きな頑張りの成果が身になり、無事出産することが出来たのだと思います。

またいつでもストレス発散に来てくださいね!!

福田



不妊鍼灸の解説


初診時の様子

治療の状況としては、タイミングを1年間続けていたのですが、なかなか上手くいかず人工授精にステップアップする予定でした。

ホルモン値や卵管造影検査などでは問題なく正常。

自然周期では排卵も遅れることなく一定で周期としては30日。

クロミッドを使うと周期が短くなる時もあったため、ほとんど薬を使わずタイミングを試していました。


ステップアップは年齢や検査状況、夫婦の意向などによって変わってきますが、一般的に5〜6周期が目安となります。


本人はもっと早く人工授精や体外受精にステップアップしていきたかったのですが、ご主人の意向で1年はタイミングを続けていました。

人工授精を受けるまでに出来ることはやりたいとの事で来院されました。



脈診

Gさんの場合は汗もなかなかひかず、むくみもあった為、水分の巡りが悪くなっていると感じました。

脈をみていくと「沈脈」という状態が現れていました。

「沈脈」は水分が多く溜まってしまっている時に出る脈です。

この水分をいかに流れやすくするかが重要となってきます。

健康な方は季節に応じて身体もそれに対応した脈になると言われています。

例えば、夏は身体に熱が入りやすい為、その熱を発散しやすいように毛穴を開き汗をかいて熱を冷まそうとします。

そして冬は寒くなるので、熱が外に出ないよう毛穴を閉め、そして外からの冷気も身体に入らないようにします。


その作用が逆になってしまうと

夏なのに熱がこもり熱中症になってしまったり、冬なのにどんどん熱を発散してしまい冷えが強くなったりしてしまいます。

そのため季節に応じて身体も変化する事で、身体を健康な状態に調節しているのです。

妊娠しやすい身体になるのもその季節に合った脈にしていく必要があります。


しかしGさんが初診で来られた時は7月で夏の時期。

そして沈脈は通常、冬の時期にみられる脈でしたので季節と身体の状態が一致していませんでした。

もしかしたら妊娠しやすい状態になるまで時間がかかるのではないかと予想していました。



腹診その他

身体をみていくと全身から汗をかいていて、特に首周りの汗は多かったです。

首から後頭部にかけて手をかざしてみるとモワッっとしていて熱がこもっている状態でした。

しかしお腹や足を触ってみると表面がひんやり冷たくなっていましたが、本人としてはそこまで冷えを感じていない様子でした。




基本的に汗は身体を冷やす為に出ます

しかしGさんの場合は、そこまで暑いと思わなくても水分が多い為、汗が出てきやすい状況でした。

そのため汗をかいた後のお腹は常に冷えてしまっていました。



また、水分は液体で重たいため身体の中でも下の部分に多く溜まります。

プラス水は冷やす性質を持っているため、お腹だけではなく下半身もむくみがあり冷えていました。



ツボ

治療としては水分の流れが良くなるツボをメインで使っていました。

時々、水分が多い事で冷えが強く出てしまっている場合もあったため、冷えを取るツボも合わせて使いしっかり温めていきました。

根気よく治療を続けていくと、少しずつ水分が流れ始め、むくみが取れやすくなってきました。

身体に溜まっていた水分が流れることで冷やす作用も減り、汗をかいてもその後は温かい状態をキープできるようになりました。

脈も季節の脈に近づき、少しずつ汗の量も減ってきたので初診から約7ヶ月後に無事妊娠し、ご出産されました

まとめ

Gさんの場合は水分が多いことで特にお腹周りは冷えていました。

そして汗をかいてまた冷えるという悪循環になっていたので、水を流れやすくツボを使いながら温めていきました。



関連記事

流産がとても悲しく、妊娠力低下に焦り子宮環境を整えるため鍼灸開始

先の見えない未来に不安を覚え、妊娠力の低下に焦りを感じていた〔ご出産報告〕

過去に流産をしてしまいとても悲しい思いをしてご来院されました。先の見えない恐怖と妊娠力の低下に焦る日々。鍼灸は痛みもなく寝てしまうほどリラックスし、鍼後はいつも身体が軽くポカポカして体調が良くなり妊娠ご出産されました。

43歳でスタートした妊活が、45歳で無事出産で終える事ができたのは、そあらさんのサポートがあってこそ!!でした。

43歳でスタートした妊活が、45歳で無事出産で終える事ができたのは、そあらさんのサポートがあってこそ!!でした。〔ご出産報告〕

同じ鍼灸を受けるにしても、鍼灸を受けて体の感覚を「意識する」方が実は効果が高くなります。そのようにJ・Mさんご自身で引き寄せた部分も大きかったと思います。ぜひ「意識」してみましょう。
■■【妊娠しやすい身体づくりの方式と不妊鍼灸3本柱】◆◆
数万例超の臨床実績から導き出した方式
〔①不妊鍼灸×②不妊カウンセリング×③自宅妊活(セルフケア)〕

不妊鍼灸3本柱
ⅠべースUP(妊娠しやすい脈・お腹づくり)
Ⅱジグザグの法則3ステップ(「加速期」「改善期」「定着期」)
Ⅲ鍼灸推奨日(着床鍼灸etc)


東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・ ♪・・♪*・ *・♪*♪* ・*・ * ・*・ ・ ♪・♪■■

一覧へ戻る

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

  • 2021/11/23

    移植・着床鍼灸

    年齢31

    妊娠判明(胎嚢確認)までの来院回数11

    その周期の移植で妊娠・出産。10回目の移植でやっと妊娠できました。

  • 2021/10/19

    不妊鍼灸効果

    年齢34

    妊娠判明(胎嚢確認)までの来院回数14

    初めて治療を受けた帰り道、足先がすごくポカポカしたのを覚えています。

  • 2021/09/27

    刺さない鍼・痛くない鍼

    年齢32

    妊娠判明(胎嚢確認)までの来院回数64

    足のむくみがひどかったのですが、足首ができました!主人も驚いていました。