03-6908-6744
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

ブログ

2019/08/16

不妊カウンセリング

不妊カウンセリング カウンセリング

自宅妊活(セルフケア)は自分の体質に合うかが重要!妊活の専門家を活用してください

土曜日にその合宿のための講師合宿、

日曜日に通常の研修会がありました。


土曜の夕方から雨が降ってきてかなり寒かったです。

そして宿泊はホテルだったので服や空調がうまく調整できず更に冷えてしまいました。


翌日の日曜日の朝は、

冷えた身体を温めようと熱めのシャワーで長めに頭から浴びていたら・・・

シャワーで暑邪の影響 

逆にのぼせて頭が痛くなってきた。

首と頭を触るとアッツイ!


そもそも夏というのは気温が多少寒いとしても、本来的には暑さや熱の影響を受けやすく、そのため熱症状が出やすい時期です。


体が熱い、ほてる、発熱、顔が赤い、頭痛、のぼせ、汗を多くかく、喉が渇く、脱力、夏バテ、熱射病、不眠、イライラ、心拍数は多くなる、夢を多く見る、息切れ、食欲不振、熱中症etc…


熱の影響を受けた脈:洪脈

以上のような所見が現れます。


のぼせを取るように自己治療をし、

一日講義と実技をこなすことができました。

「邪正」講義

知識をどう活かすかが治療へとつながります。

知識をどう活かすかは妊活でも同じことがいえます。


体質の違いにより、セルフケアは合う合わないがある

冷えが強い人、熱が多い人、乾燥している人、水でポチャポチャな人、

人の身体(体質)というものは様々です。


・気候でも暑いと元気になる人もいれば、グダーッとやられてしまう人もいる。

・寒いと芯から冷えて非常に不調になる人もいれば、涼しくて気持ちいいという人もいます。

・天気が悪いと頭痛が出る人もいれば、全く出ない人もいる。


人それぞれの状態は実に様々



そうなると治療で使うツボが異なります。


また自宅妊活(セルフケア)で行うべきことも変わります。



・水を〇〇リットル飲んだ方がいい。

・ファスティング。

・ホットヨガ。

などなど。


合う人には合うし、

体質によっては合わないこともあります。



例えば、

「採卵までに岩盤浴に通おうと思いますがどうですか?」

と聞かれることがあります。


(採卵前は身体を温め冷えを改善して血流を良くすることは、ホルモンを卵巣へ届けるためにも有用。)



体質的に、

水が体に多く冷えている人は問題ないことが多いです。


反対に水が少ない人や、

乾燥して熱を持っている人

血が少ない人合わない可能性があります。


診察を通して、体質に合わせ適切な判断をしていく必要があります。


誤ったセルフケアをしてしまうと却ってよくありませんが、

あなたに合うセルフケアを行うと妊娠しやすい身体にグッと近づきます。



気になることはぜひ聞いてみてください。





関連記事

お風呂と妊活│体温を1.1℃上げる入浴法で妊娠しやすい身体をつくる

お風呂と妊活│体温を1.1℃上げる入浴法で妊娠しやすい身体をつくる

妊活で効果的なお風呂の入り方は?お風呂の温度を調節するだけで一番お腹の温度が温まる方法があります。単に温度が暑いお湯は逆に冷やしてしまう要因に。論文と体験を交え詳しく解説します。

妊活で鍛えるとおすすめの筋肉〔腸腰筋〕子宮卵巣の血流アップ!簡単 腸腰筋トレーニング法

妊活で鍛えるとおすすめの筋肉〔腸腰筋〕子宮卵巣の血流アップ!簡単 腸腰筋トレーニング法

腸腰筋を鍛えると妊活にもメリットがいっぱい。腰から股関節へまたぐように通る腸腰筋を鍛えることで、効率的に子宮や卵巣へいく血流をあげることができます。またお尻がキュッと上がりポッコリお腹がスッキリし、猫背が改善します。下腹が出る・お尻が下がる・冷え性などの症状にも効果的。

プレ妊活はいかがでしょうか?

プレ妊活はいかがでしょうか?

今月排卵した卵は半年前の体調・環境の影響を受けている事に!身体作りには時間をかけないといけません。これからご結婚…という方も今から妊娠に向けてのお体作りをされれば、結婚後の妊活もスムーズに!
■■【妊娠しやすい身体づくりの方式と不妊鍼灸3本柱】◆◆
数万例超の臨床実績から導き出した方式
〔①不妊鍼灸3本柱×②不妊カウンセリング×③おうち妊活〕

・不妊鍼灸3本柱(「妊娠脈づくり」「刺さない鍼」「鍼灸おすすめ日」)
・不妊カウンセリング(「妊活情報/クリニック選び」「認活」)
・おうち妊活(「妊娠力アップ3ヵ月間おうち妊活プログラム」)


東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・ ♪・・♪*・ *・♪*♪* ・*・ * ・*・ ・ ♪・♪■■

一覧へ戻る

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます