03-6908-6744
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

ブログ

2014/11/25

不妊治療解説

不妊治療解説

受精障害とその原因「体外受精は治療であり、検査である」


「体外受精は治療であり、検査である」ということがよく言われます。


それは何故か?


本来お腹の中で行われている受精・分割を体の外で行う事によって、今まで分からない事が見えてきます。



そのため体外受精は検査としての意味合いもあると言われます。


ステップアップを決意された患者様から「今まで分からなかった事が色々見えてしまうから、体外受精が恐い」とお話しされた事があります。


それだけ体外受精によって今まで原因が分からないと言われていたことが、

はっきりと分かることが出てくるといえます。




受精障害


体外受精により判明する不妊の原因の中に「受精障害」が挙げられます。


体外受精は、卵子と精子をお腹の外で受精させます。



したがって人の目で授精しているかを直接目でみて確認することができます。


そのため、タイミング法、人工授精では決して分からない部分です。



受精障害にははっきりした定義がないようです。


狭義では『受賞障害とは受精率が0%』つまり体外受精で全く受精しない事を表します。


一方、広義に『受精率が25%以下を受精障害』と定義する論文も見られます。



一言で受精と言っても受精には多くのプロセスを経ています。


① 子宮頸管より入った精子は約15分で卵管に到達します。

しかしこの段階では精子に受精能力はありません。


子宮・卵管を通過する過程で受精する能力を獲得します。


これを受精能獲得といいますが、獲得に5〜6時間かかります。



② 受精能を獲得した精子は透明帯という卵子の外側を囲っている膜に接着し、中を通過します。

卵子の中に入った精子は細胞質に取り込まれます。



③ 細胞質に取り込まれ、卵子は活性化されこれ以上精子が入れないようになります。

これらの過程で1つでも何か問題があると受精できません。




受精障害の原因

では受精障害にはどのような原因があるのでしょうか?


受精障害の原因には大まかに


精子由来


卵子由来


抗精子抗体


の3つに分けられます。




①精子由来

●乏精子症・無精子症


●精子無力症


●奇形精子症


これらは精子に受精する力がなく、卵子の透明帯を通過する事ができません。


精液検査の結果で考えると

精子濃度 500万/mL以下

運動率  運動精子数100万/mL以下

が当てはまります。



②卵子由来

●透明帯が固く精子が卵子の中に入れない


●卵子が活性化しない


●卵子が成熟しておらず受精能力がない


これらは顕微授精(ICSI)という人工的に精子を卵子の中に注入する方法により解決します。


顕微授精(ICSI)については後程詳しくお話しします。



③抗精子抗体

抗精子抗体とは精子を異物と認識してしまう事です。


抗精子抗体が精子に結合していると透明帯に結合できず、受精できません。




顕微授精(ICSI)について


ICSI=顕微授精は人工的に精子1匹を卵子の細胞質の中に注入して授精させます。


その為、受精のプロセスにある、


●精子が透明帯に接着・通過できない


●精子が卵子の細胞質に取り込まれない


以上の原因に対応できます。




また1つの卵子に1つの精子を受精させる為に多精子受精のリスクが低くなります。


受精は健康な精子が1匹いれば受精が可能です。



その為、ICSIは特に重度な男性不妊による受精障害に特に有効な治療法となります。


しかし、ICSIは高い技術が要求される治療法です。



卵子の状態、によってはICSIの操作により卵子をダメにしてしまう可能性は否めません。


その点を考慮して体外受精・ICSIを選択するかを判断しなくてはなりません。


そして培養室で精子と卵子を受精させ、受精卵を育てるのが胚培養士。



受精卵の未来は胚培養士の腕にかかっています。


その技術次第で、成長するはずの胚が止まってしまうことさえある。


それだけ病院によって胚培養士の技術には大きな差があります。


技術の高い培養士がいる病院かどうかは大きなポイントです。




関連記事

難治性着床不全に対する検査〜Th1/Th2比検査〜

難治性着床不全に対する検査〜Th1/Th2比検査〜

何度移植しても着床しない方を対象にTh1/Th2比検査をすることがあります。Th1/Th2比が高い場合、受精卵を異物として拒絶してしまっていると考えられ、その作用を抑えるためプログラフ(タクロリムス)を服用します。

甲状腺と不妊 甲状腺ホルモン(FT4,FT3)甲状腺刺激ホルモン(TSH)は検査済み?

甲状腺と不妊 甲状腺ホルモン(FT4,FT3)甲状腺刺激ホルモン(TSH)は検査済み?

甲状腺ホルモンは不妊だけでなく、流産、出産と関わりの深いものです。無症状のことも多く検査をして初めて数値の異常が分かることも。早めに検査をして状況を知っておきましょう。

基礎体温で排卵日がいつか予測できる?

基礎体温で排卵日がいつか予測できる?

基礎体温だけで排卵日の特定は困難です。排卵日を細かく特定したい場合は基礎体温だけでなく、排卵チェッカーやおりものの変化などを合わせて併用するといいでしょう。病院で診てもらえば更に精度が高まります。ホルモンの状態を知る上では基礎体温をつけることが有用です。
■■【妊娠しやすい身体づくりの方式と不妊鍼灸3本柱】◆◆
数万例超の臨床実績から導き出した方式
〔①不妊鍼灸3本柱×②不妊カウンセリング×③おうち妊活〕

・不妊鍼灸3本柱(「妊娠脈づくり」「刺さない鍼」「鍼灸おすすめ日」)
・不妊カウンセリング(「妊活情報/クリニック選び」「認活」)
・おうち妊活(「妊娠力アップ3ヵ月間おうち妊活プログラム」)


東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・ ♪・・♪*・ *・♪*♪* ・*・ * ・*・ ・ ♪・♪■■

一覧へ戻る

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます