03-6908-6744
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

ブログ

2014/03/02

不妊治療解説

不妊治療解説

潜在性高プロラクチン血症 

プロラクチン(PRL=乳汁分泌ホルモン)は日内変動といって、一日の間に値が変動します。

朝は低く、夜は高くなります。


そのため、日中にプロラクチンの血液検査をしても、値が正常と出るが、実は夜は高くなっているという場合があります。


この様な場合、TRH(甲状腺刺激ホルモン放出因子)を注射して負荷をかけます(ホルモン負荷試験)。



30分後に採血をして、プロラクチンの値が高くなっている場合は「潜在性高プロラクチン血症」と診断されます。


潜在性高プロラクチン血症があると、黄体機能不全になりやすくなる傾向があるため、

その様な場合は一般的には薬によって治療することになります。



また、しっかりと排卵があって黄体機能不全等の問題が特になければ、そのまま様子をみる先生も多いかと思います。



潜在性高プロラクチン血症に対して、治療を行うかどうかは見解が分かれるところです。


治療する場合はドーパミン作働薬であるカバサールが処方されます。



夜間だけではなく、ストレスを感じたときにも分泌がおおくなることもあるので、

少々のストレスは跳ね返すことができる身体づくりを鍼灸では平行して進めます。




関連記事

難治性着床不全に対する検査〜Th1/Th2比検査〜

難治性着床不全に対する検査〜Th1/Th2比検査〜

何度移植しても着床しない方を対象にTh1/Th2比検査をすることがあります。Th1/Th2比が高い場合、受精卵を異物として拒絶してしまっていると考えられ、その作用を抑えるためプログラフ(タクロリムス)を服用します。

甲状腺と不妊 甲状腺ホルモン(FT4,FT3)甲状腺刺激ホルモン(TSH)は検査済み?

甲状腺と不妊 甲状腺ホルモン(FT4,FT3)甲状腺刺激ホルモン(TSH)は検査済み?

甲状腺ホルモンは不妊だけでなく、流産、出産と関わりの深いものです。無症状のことも多く検査をして初めて数値の異常が分かることも。早めに検査をして状況を知っておきましょう。

基礎体温で排卵日がいつか予測できる?

基礎体温で排卵日がいつか予測できる?

基礎体温だけで排卵日の特定は困難です。排卵日を細かく特定したい場合は基礎体温だけでなく、排卵チェッカーやおりものの変化などを合わせて併用するといいでしょう。病院で診てもらえば更に精度が高まります。ホルモンの状態を知る上では基礎体温をつけることが有用です。
■■【妊娠しやすい身体づくりの方式と不妊鍼灸3本柱】◆◆
数万例超の臨床実績から導き出した方式
〔①不妊鍼灸3本柱×②不妊カウンセリング×③おうち妊活〕

・不妊鍼灸3本柱(「妊娠脈づくり」「刺さない鍼」「鍼灸おすすめ日」)
・不妊カウンセリング(「妊活情報/クリニック選び」「認活」)
・おうち妊活(「妊娠力アップ3ヵ月間おうち妊活プログラム」)


東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・ ♪・・♪*・ *・♪*♪* ・*・ * ・*・ ・ ♪・♪■■

一覧へ戻る

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます