03-6908-6744
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

ブログ

2022/02/27

不妊カウンセリング

不妊カウンセリング 認活

2人目妊娠の不思議。2人目不妊の原因・2人目は自然妊娠の謎は?

1人目はすぐに妊娠したのに2人目はなかなか授からない…。

いわゆる2人目不妊に悩む方は多いです。


情報サイトの日経DUALさんが2015年7月に行われたアンケートによりますと、不妊治療経験者147人の中で第二子のときに不妊治療を経験した人は62.6%。


その内51%もの人が「第二子で初めて不妊治療をした」

と回答があったそうです。



当院でも2人目不妊で通われる患者様は多いですが、皆様1人目は無治療ですぐ授かったけれども2人目は何年も治療しているのになかなか授からない…
と悩まれています。



一方、当院では1人目を長年治療していた方から

「2人目は自然妊娠しました」

という報告をいただくことがあります。




2人目妊娠は

「何故?」

と思う点がたくさんあります。


2人目不妊の原因と、1人目は治療されていた方が2人目を自然妊娠した理由を考察したいと思います。




【2人目不妊の原因】



2人目不妊は

  • 加齢
  • 産後の子宮内環境の変化

この2点が主な原因とされています。



加齢は女性だけでなく、男性も関係します。

1人授かったから大丈夫、と思っていても男性も女性と同様に加齢の影響を受けます。



また、帝王切開後に傷の治りが不十分だと不妊の原因になるという考え方があります。

しかし、実は帝王切開でなく経膣分娩でも不妊の原因になりえます。



分娩時の大量出血、子宮内に細菌が入り内膜炎や卵管閉塞の原因になるのです。

1人目が自然にすぐに授かったとしても、2人目の妊娠がなかなかうまくいかない事は充分ありえます。




【1人目はなかなか授からず、2人目は自然妊娠】

こちらはあまり取り上げられませんが、

当院では

「1人目を治療して苦労して授かったにもかかわらず2人目は自然妊娠した」

というパターンを伺います。




女優・タレントの矢沢心さん、格闘家の魔裟斗さん夫婦は3人のお子様がいらっしゃいますが上のお子様は長年の不妊治療で妊娠し、2人目のお子様は自然妊娠されています。


矢沢心さんは多嚢胞性卵巣症候群に苦しみ、27歳から不妊治療を始めました。

6回の体外受精を経て上のお子様をご出産されていますが、下のお子様は自然妊娠したため、とてもびっくりされたそうです。



【1人目は苦労してようやく妊娠、なのに2人目はあっさり自然妊娠。この違いは?】



当院で、上のお子様の時は治療歴が長かったにもかかわらず、2人目を自然妊娠された方を思い出すと、1人目治療中

「すでに身体が整ったけれど、むしろ何故妊娠まで時間がかかったのだろう」

と首をかしげる方が多かったです。



1人目は体外受精をされていたのに2人目は治療無しで自然妊娠をされたことを考えると、原因の一つとして、1人目の不妊治療中の多大なストレスが妊娠しにくくさせていたのかなと考えます。


もちろん不妊治療中にストレス無く過ごすことは難しいでしょう。


著者・楠本は不妊治療中、妊娠したいという気持ちで頭がいっぱいでしたし、ストレスと人を妬んでしまう黒い気持ちで埋め尽くされていました。


ただし、妊娠したい!と焦るストレスが自分の体を傷つける。

このことは頭の片隅に入れて自分の心のケアを必ずしてあげましょう。



【2人目不妊の焦る気持ちが妊娠を遠ざける】

上記で1人目の妊娠に苦労された方が多大なストレスで妊娠しにくくなったことをお伝えしました。

そう考えると器質的に妊娠に問題が無くとも、2人目妊娠に対して焦る気持ちが妊娠を遠ざける可能性も否めません。

「1人いるからいいじゃない」。

と言う方も多いですが、2人目不妊は1人目とは違った精神的プレッシャーがあります。


上のお子様との年齢差を気にしたり、周りから兄弟を作らないと可哀想という声。

上のお子様がいるため「不妊ではない」と思われるのか、2人目を希望されている方は1人目を希望されている方に比べて周りからストレートに言われることが多い印象があります。


また1人目を治療無しで授かった経験がある場合、なかなか妊娠しないと余計に「何で妊娠しないの!」と焦ってしまうパターンも多いです。


そもそも不妊症の定義は「1年以上避妊無しの夫婦生活をもっても妊娠しないもの」です。

たとえ1人目をすぐ授かったとしても

「避妊しないからといってすぐ授かるものではない」

と長い目でみることも大事でしょう。



【1人目治療の時から通われていた当院患者様の2人目治療の傾向】



当院の患者様で考えると1人目治療で身体づくりを行ってから妊娠された方は1人目治療の時に比べて60%くらいの方は、2人目治療では早く妊娠される傾向があります。


加齢や出産による体の変化を考慮すると2人目治療の方が妊娠されるまで時間がかかってもおかしくありません。

しかし、1人目治療で身体をしっかり整えていたため、2人目治療を再開した時も妊娠しやすい身体を維持できていたのでしょう。


具体的には、3ステップジグザク上昇の法則で考えると、70以上の良い状態をキープできていた場合が整った身体です。

一度良い状態を覚えたお身体は、その後お身体の状態が崩れたとしても、良い状態に戻るプロセスが早いためです。

試験勉強で一度理解できたことがある問題は、時間が経って忘れてしまっても思い出すまでが早いことと似ています。


お2人目でご来院された場合は、70以上のお身体にすることで東洋医学的に妊娠しやすい状態となります。
(妊娠しやすい脈、お腹になっているということ)

1人目治療でご来院された場合は、70点以上をキープすることで、妊娠・ご出産のための体づくりだけでなく、お2人目の妊娠の準備にまでなります。


今どのようなお身体か興味ある方は、お問い合わせください。


【まとめ】

1人目を特に治療をしないで授かっている場合「器質的には妊娠に問題ない」と思うことは当然のことです。

しかし、2人目不妊の別の問題が起きている可能性もあります。

2人目を希望する際、精神的なプレッシャーが1人目を希望している時より強くのしかかる事は充分ありえます。


妊娠は奇跡の連続です。
1人目は無治療で授かったから大丈夫とは思わず、そして周囲の声は極力気にせず身体を整えて過ごせたらと思います。



■■【妊娠しやすい身体づくりの方式と不妊鍼灸3本柱】◆◆
数万例超の臨床実績から導き出した方式
〔①不妊鍼灸3本柱×②不妊カウンセリング×③おうち妊活〕

・不妊鍼灸3本柱(「妊娠脈づくり」「刺さない鍼」「鍼灸おすすめ日」)
・不妊カウンセリング(「妊活情報/クリニック選び」「認活」)
・おうち妊活(「妊娠力アップ3ヵ月間おうち妊活プログラム」)


東京都新宿区西新宿7-13-7 タカラビル2F

◆◆* *・ ♪・・♪*・ *・♪*♪* ・*・ * ・*・ ・ ♪・♪■■

一覧へ戻る

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます